TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「20世紀少年」豪華キャスト揃え、60億円実写映画化!

漫画家、浦沢直樹氏(48)の大ヒット作を3部作で実写映画化する「20世紀少年」(堤幸彦監督)に俳優、唐沢寿明(44)=写真=が主演することが3日、発表された。地球滅亡計画を阻止しようと立ち上がるケンヂとその仲間たちの戦いを描くSFサスペンスで、ほかに豊川悦司(48)と常盤貴子(35)が出演と豪華な顔ぶれがそろった。総製作費は60億円の一大プロジェクトで、第1章が8月30日に公開される。

今年最大の邦画実写話題作がベールを脱いだ。

 飯沼伸之プロデューサーによると、キャストは浦沢氏のイメージ案を基に選考。正義感が強く、ヒーローやロックスターの夢を見ながらコンビニ店長になったケンヂには「情けない人間が世界を救うというケンヂの多面性を演じてくれる人」として唐沢を抜てき。

 博識でエリートの道を歩む大柄男のオッチョ役には「身長が高くて、頼りがいがあり、存在感のある」と豊川を、男顔負けの強さを発揮するユキジには「強い女性のイメージをかって」と常盤を起用した。

 映画主演は5年ぶりの唐沢は「原作を読んだ時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。そんな作品の主人公を演じられることを光栄に思います」と大感激。オッチョ役を懇願したという豊川は「浦沢ファンを裏切らないよう丁寧に演じていきたい」と誓い、常盤も「私がユキジ!? 無謀な取り組みにワクワクです」と興奮を隠せない。

 製作費10億円で大作、20億円なら超大作といわれる邦画で、3部作とはいえ60億円を一挙投入することも発表された。メガホンを執る堤監督は「エッ!」と仰天したが、「(60~70年代と90年代以降の)時代を超えるシーンを実景とCGを織りまぜながら製作したり、(SF感をより体感できように)圧倒的なVFX(視覚効果)を演出するのに金がかかるからね」とニンマリ。

 ほかにも世界各地の崩壊場面を描くため日本をはじめ、タイ、米、英、中国など7カ国でロケを敢行。60億円は、原作の世界観を忠実に再現するための軍資金となるもよう。今回、脚本で参加した浦沢氏も「ワクワクします」と心待ちにしている。唐沢らの“ワールドスケールの戦い”が、世界からも注目を集めそうだ。


★主題歌にはT・レックス

 主題歌には70年代に活躍した英ロックバンド、T・レックスのヒット曲「20th Century Boy」が決まった。浦沢氏が同曲を原作のモチーフにしたことに製作サイドがこだわったため。映画は今月3日にクランクインし、6月下旬まで第1、2章を同時に撮影。第3章を8月中旬から10月下旬まで撮影する予定。原作人気から早くも34カ国・地域、42社から海外配給のオファーが殺到している。


■20世紀少年
 1969年、悪の組織と戦う正義のヒーローの物語を“よげんの書”として空想した当時小学生のケンヂたちが、約30年後、そのシナリオ通りに地球滅亡計画を実行する謎の組織に挑む物語。高度経済成長期に子供時代を過ごした世代の冒険心をくすぐる設定と緻密な構成がウケて、単行本の累計売り上げが約2000万冊、国内外の漫画賞にも輝いた作品だ。映画ではオリジナルの展開も盛り込まれる。

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/963-e2a640c2


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。