TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジ系昼ドラ“ドロドロ路線”変更!新作は真正面から愛描く

「真珠夫人」「牡丹と薔薇」などのヒットを飛ばしたフジテレビ系昼ドラが、来年1月7日スタートの新作「安宅(あたか)家の人々」(月~金曜後1・30)で、“ドロドロ路線”を変更することが4日、分かった。

 原作は吉屋信子さんの昭和26年の新聞連載小説で、映画化もされた、当時の話題作。今回の時代設定はバブルに沸く昭和の終わり。ホテル王の使用人の娘・久仁子(遠藤久美子)が、知的障害のあるホテルの跡取り息子・宗一(内田滋)と結婚させられ、徐々に宗一の汚れない心にひかれていく。さらに、宗一の義妹・雅子(小田茜)もまた、夫(小林高鹿)の不義を知り、宗一に好意を抱き…という物語だ。

 「人々が私利私欲に走り、欲しいものをすべて手に入れた時代に、相手からの愛も望まぬ無償の愛を描きたい」と制作にあたる東海テレビ。「これまでは愛憎の“憎”をクローズアップしてきたが、今回は愛を真正面から描く」。登場人物は皆純粋な心を持ち、“悪人”は1人登場するだけ。その人物も深い心の傷を負っている設定という。

 1作限定の“脱ドロドロ”だが、結果いかんで、今後の同枠の作品作りに大きな影響を与えるかも?

スポンサーサイト

テーマ : 新番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/955-0509c6f6


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。