TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏物語』試写会は涙・涙…日本人ファンの姿も

冬と夏が出会い、温かな涙の雨を降らせた。

 イ・ビョンホン&スエ主演の純愛映画『夏物語』が22日、完成披露され、感動の渦となった。特にソウル市三成洞のメガボックスで行われた試写会では、記者対象のものだったにもかかわらず、招待券を手に入れた日本人ファン数十人の姿も見られた。「韓流スター」イ・ビョンホンのファンだという観客たちは、とめどなく涙を流し、切ない恋の物語を絶賛した。

 何よりもイ・ビョンホンとスエは純粋さ漂う演技で終始、観客を圧倒した。イ・ビョンホンは試写会後の記者懇談会で「映画のソギョンという役を作るのに、監督と話し合いながら多くの時間を費やした。最後はほとんど“闘争”を繰り広げながら、役作りをした。これまでの出演作の中で一番アドリブが多い作品」と語った。スエも自分の演技に大変満足している様子で「自分の映画を見て泣いたら恥ずかしいので、理性を失わないように努力した」と打ち明けた。

 一方、メガホンを取ったチョ・グンシク監督は「イ・ビョンホンとスエはスクリーンの中ではすてきで華麗な感じがするが、普段プライベートな場所では人間的で素朴で親しみやすい。こうした普段の姿をたくさん表現したかった」と話している。

 30日に一般公開される『夏物語』は、1969年夏に農村ボランティア活動のため農村に来た大学生ユン・ソギョン(イ・ビョンホン)と、村の図書館の司書ソ・ジョンイン(スエ)の切ない恋が描かれている。


スポンサーサイト

テーマ : イ・ビョンホン
ジャンル : アイドル・芸能

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。