TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈由美子がコメディー初挑戦!火10で連ドラ新境地開く!

女優、釈由美子(28)が来年1月スタートのフジテレビ系「ヒミツの花園」(仮題、火曜後10・0)で連ドラ初のコメディーに挑戦することが19日、分かった。イケメンの奇人4兄弟に振り回される不器用な女性編集者役。来月上旬に始まる撮影を前に「今までの釈由美子をぶっ壊すような攻めの演技をします」と燃えている。

釈の代表作といえば、テレビ朝日系で放送された主演ドラマ「スカイハイ」や「7人の女弁護士」。両作とも厳しい顔つきでキメせりふを言ったり、他の作品でも表情を崩さない役柄が多く、クールなイメージが強かった。

 これは釈本人も自覚していること。日ごろから「これまでとは違った役に挑戦したい」と考えており、最近になってとくに「三の線(三枚目の路線)をやってみたい」と話していたという。レギュラー出演中のNHK「英語でしゃべらナイト」(金曜後11・0)ではユーモラスな表情で視聴者を楽しませているだけに、その思いはひとしおだった。

 今回の連ドラ主演のきっかけは、10月にフジ系で放送された「世にも奇妙な物語 秋の特別篇」の1本「部長OL」。釈は部長が乗り移ったOL役で、立小便のシーンのため許可をもらい、実際の男子トイレの中で男性が用を足す場面を観察して本番に臨んだ。この時の演技が快感になったようで、「突き抜けた演技ができた。コメディーは気持ちが前向きになる」と“三の線”へと大きく踏み出したわけだ。

 「ヒミツの花園」は、担当していたファッション雑誌が休刊になり、少女漫画編集部に異動になった園田夏世(釈)が主人公。超人気漫画家・花園ゆり子の担当になるが、花園の正体とは実は、合わせて1人として作品を発表している4人兄弟で、夏世はその奇人4人と同居するハメになり…という物語。

 夏世に釈をキャスティングした関西テレビの吉條英希プロデューサーは「こんな人がコメディーをやるのか、という落差のある女優さんを探していた」といい、「新しいジャンルに挑戦したい」という釈とはまさに相思相愛だ。


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。