TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムタク髪ばっさり!今度は財界御曹司役、TBS系来年1月「華麗なる一族」

SMAPの木村拓哉(33)が、来年1月にスタートする山崎豊子さん原作のTBS系ドラマ「華麗なる一族」(枠未定)に主演することが15日、分かった。1970年代の金融再編を背景にしたスケール感たっぷりの人間ドラマで、木村はカリスマ性のある一族の長男、鉄平役に挑戦。2年ぶりの連ドラ主演で、役のために髪の毛を10センチ以上切るなど、力が入っている。

数々のヒットドラマを生んできたキムタクが、新たな扉を開く。

 「華麗なる一族」は、山崎さんの同名小説(昭和48年)が原作。1970年代の金融再編という時代の荒波を背景に、関西の財界に名高い万俵(まんぴょう)家の父と子の葛藤を描いた人間ドラマ。過去にも連ドラや映画化され、今回で3度目の映像化となる。

 原作では父の万俵大介が主人公だが、今回は一族の長男、万俵鉄平を主人公にし、新たな視点で描いていくのがポイント。鉄平は鉄鋼企業の専務で、人望厚いカリスマ性のある設定だ。

 レーサーやアイスホッケー選手、副操縦士役などを好演してきた木村が、今度は“財界の男”に挑むことに。役作りのため、これまでの“ロン毛”から、髪の毛を10センチ以上バッサリ切って臨むなど、意気込みも熱い。ワイシャツの襟にかからないぐらいの長さだ。

 ドラマ関係者は「志のために必死で闘っていく鉄平というキャラクターを通じて、真のリーダーのあるべき姿を表現したいと思った」とし、カリスマ性のある鉄平のキャラクターは木村にピッタリと起用。「あらゆる世代から支持され圧倒的存在感のある木村さんに“真のリーダーのあるべき姿”を存分に演じていただきたい」(同関係者)と期待を寄せる。

 一方、原作の山崎さんも「万俵鉄平は男のロマンと強い意志を持った人物設定で難しい役柄。木村さんの眼には純粋さと悲しみがある。そんな彼が鉄平をどう演じるのか。ハマリ役となって木村拓哉の『華麗なる一族』と定着するようなドラマになることを期待しています」と願いを込めた。

 周囲の熱い思いを胸に14日に撮入した木村は、「この作品に参加させてもらえて本当に光栄です。その一言に尽きます」とコメント。視聴率男・木村の“華麗なる挑戦”に注目だ。


★過去に仲代達矢、加山雄三が熱演

 「華麗なる一族」は、「白い巨塔」など社会派の骨太ストーリーで知られる山崎さんの小説で、昭和48年に発売。翌49年に佐分利信主演で映画化され、今回木村が演じる鉄平役は仲代達矢が演じた。49年10月から半年間にわたって連続ドラマ(毎日放送)が放送され、山村聡、小川真由美らが出演。鉄平役は加山雄三が扮した。3度目の映像化となる今回は、TBS開局55周年を記念してドラマ化。山崎さんは「作品は単なる経済小説にとどまらず、人間の根源である血脈を背景に親子の葛藤を描く人間ドラマ。その壮絶な生き様のぶつかり合いを、ぜひしっかり描いてほしい」と期待を寄せている。


スポンサーサイト

テーマ : SMAP
ジャンル : アイドル・芸能

SMAP |
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。