TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠原涼子が「アンフェア」完結編で映画初主演-来年3月公開

女優、篠原涼子(33)が映画初主演することが24日、分かった。刑事役に初挑戦した1月期のフジテレビ系ドラマの映画化「アンフェア・ザ・ムービー 最期の作戦 オペレーションZ」(仮題、来年3月公開、小林義則監督)で、スペシャルドラマ(10月3日後9・0)と物語が続く完結編。SP&映画では初共演の江口洋介(38)を迎える。

同シリーズは、警視庁の検挙率ナンバーワン刑事・雪平夏見(篠原)が連鎖する難事件に挑むハードボイルドアクション。犯人逮捕のためにはどんな“アンフェア”な手段も取る鬼だが、バツイチで娘には愛情たっぷり、酒豪で寝るときは全裸という破天荒なキャラがウケて、平均視聴率15.4%、最高16.5%(ビデオリサーチ、関東地区)を記録した。

SP版放送前の映画化決定、しかも連ドラの完結編と異例の運びに、篠原は「『映画になるの?』が第一印象でした」と驚きながらも、「雪平の一途なところを尊敬しているので、スケールが大きくなっても雪平らしさを失わずに演じたい」と意気込んでいる。

一方、江口は優しいが芯が強い公安部・斉木にイメージがピッタリとして抜擢。実はドラマ版のファンで「観る方を思いっきりアンフェアの世界に引きずり込みたい」と燃えている。

2人の演技合戦と篠原のパワーアップした破天荒ぶりに注目だ。

★連ドラレギュラー陣も出演
SP版「アンフェア the special『コード・ブレーキング-暗号解読』」は、連ドラ版のラストから9カ月後の設定。元警察幹部4人の自殺に疑問を持つ雪平の前に、公安部の斉木(江口)が現れ、ある事実を告げる。映画版では2人がテロリストと対決することに。2作とも連ドラからのレギュラー陣、濱田マリ、加藤雅也、寺島進らも出演。原作は、秦建日子氏の「推理小説」(河出書房新社)。


スポンサーサイト

テーマ : 公開予定前の映画
ジャンル : 映画

映画 |
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。