TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉沢悠1年半ぶり俳優活動を再開

吉沢悠(28)が1年半ぶりに俳優活動を再開する。6年間でドラマ25本、映画4本という驚異的なペースで仕事を続けたが昨年春、突然姿を消した。「もう自分から出すものがない」。引退覚悟で日本を去り、米国生活を送っていた。同世代の日本人俳優の活躍やイチローの言葉に励まされ、再出発を決意した。「ゆう」と読んだ名前も本名の「ひさし」に戻し心機一転。生涯俳優を目指す。

秋篠宮家の悠仁(ひさひと)さま誕生で、注目を集めた「悠」の文字に願いを込めた俳優が再出発する。吉沢は99年に連続ドラマを4期連続出演。01年には同時期にドラマを掛け持ち、02年に再び4期連続で連ドラに出演した。合間にドラマ、映画の出演が続いた。主人公の親友やヒロインの相手役など重要な役が多く、息つく暇がなかった。

 周囲から将来を期待された何よりの証拠だった多忙な生活が、逆に意欲まで奪った。「幸せだと思っていましたが、もう自分の中から出せるものがなくなった。空っぽになったんです」。自宅に戻ると抜け殻のように過ごした。「消費されていく」と感じた。

 親心に感謝しながらも昨年4月、所属事務所を離れた。毎晩飲み歩いた。「ただ空気を吸って生きているだけの生活になってしまって」。自分の可能性を広げようと語学留学を決意。ニューヨークに向かった。

 語学学校は週6日。英語漬けの日々。冷蔵庫も台所もない寮に住んだ。共演経験もある藤原竜也のニューヨーク公演記事を新聞で見つけた。「会いに行くことも観劇もできなかった」。複雑な思いだった。ある日、韓国人留学生とブロードウェーでミュージカルを観劇した。最後列まで年配黒人女優の迫力が届いてきた。鳥肌が立った。いつかテレビで聞いたマリナーズ・イチローの言葉を思い出した。「オフシーズンは振りたいと思うまでバットは握らない」。

 留学を半年で打ち切り、昨年12月に帰国。旧知の芸能関係者に「俳優の仕事がしたい」と伝えた。原点に戻るため、名前の呼び方を本名通りにした。再出発の作品が決まった。田中麗奈主演の映画「夕凪の街 桜の国」(佐々部清監督、来夏公開)。「同世代にも心も体も疲れ切っている友人が多い。追い込まないで休む勇気も大切だと思います」。同映画の撮影初日は「デビュー時のように気持ちが高ぶりました」。

 2年後に30代になる。「まだまだ未熟ですが、地に足つけて一生俳優を続けていきたい」。ゆったりした気持ちで、長く久しく…。秋篠宮さまが「悠」の文字にこめた意味と同じ答えに、たどりついた。


スポンサーサイト

テーマ : 俳優
ジャンル : アイドル・芸能

芸能 |
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。