TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾瀬はるか、一青窈とのコラボで本格派シンガーへ脱皮!

3月に歌手デビューした女優、綾瀬はるか(21)の第2弾シングル「交差点 days」(9月13日発売)の作詞を歌手の一青窈(29)が手掛けたことが20日、分かった。一青の歌唱指導を受け、「楽しく歌うこと、リラックスして歌うことなどを教えていただきました」と綾瀬。伸びやかで艶のある歌声に磨きがかかり、本格派シンガーに脱皮した。

歌手デビューからわずか半年。綾瀬の“歌手力”がめきめきと上達した。

レコーディングが行われたのは6月中旬。作詞した一青と2人きりで歌入れを行い、その時の一青のさまざまなアドバイスが綾瀬に影響を与えた。綾瀬はサンケイスポーツの取材に「ファーストの時は恥ずかしさが壁になっていた気がしますが、セカンドではもっとこんな風に歌ってみたいとか、意欲的に取り組むことができました」とその変化を語った。

綾瀬といえば、ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」や「白夜行」などで女優として進境著しい。所属レコード会社のビクターエンタテインメントは「彼女は同世代の歌手とは違い、“行間”が表現できる。声も透き通り伸びやか」と魅力を挙げる。

デビュー曲「ピリオド」は失恋を歌った曲だったが、「より内面の世界を表現してもらいたかった」(ビクター)と、独特の世界観を持ち、その表現力に定評のある一青に作詞を依頼。一青は音楽プロデューサー、小林武史(47)が作曲したミディアムテンポのメロディーに乗せて、綾瀬と同世代の女性が前向きに何かに1歩を踏み出す勇気を描き、「交差点-」を完成させた。関係者によると、一青は「自分が持っている綾瀬さんのイメージで、綾瀬さんに乗り移って書いてみた」と明かし、サビの部分でコーラスにも参加した。

その期待に応えようと、多忙なスケジュールの合間を縫ってひそかにボイストレーニングを積む努力を重ねた綾瀬は、一青の強力なサポートを得て、歌手としての才能を一気に花開かせようとしている。「女優としての目標と同じ、心を揺さぶる感動が届けられるような歌手になりたい」と改めて誓っている。

★初回版に短編映画
同曲のCD初回盤(1890円)には綾瀬が山梨の桃農家の娘役を演じた短編映画「かきのたね」(伊藤由美子監督)を収録。同作はYahoo!動画にて、9月9日の1日限定(午前0時~午後11時59分)で上映されることが決定。また、今月24日からTOKYO FM「やまだひさしのラジアンリミテッドDX」(月~木曜深夜1・0)内で木曜日に「綾瀬はるか ラジオdays」と題する10分間のコーナーを持ち、パーソナリティーに初挑戦する。


スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

芸能 |
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。