TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大長今のパロディ映画が日本に輸出

MBC人気ドラマ『大長今(テジャングム、宮廷女官チャングムの誓い)』をパロディー化したアダルト映画が制作され、日本に輸出される予定であることから波紋が予想されている。

なんなんですかね~
こんなの輸出しなくてもいいよ!
イメージが崩れるじゃん!

国内アダルト映画制作社Qフィルムは、4部作AV古典史劇『色女長今』を企画し、日本アダルトチャンネルJamTVと製作費の一部を投資する形で日本国内の独占版権契約を締結したと4日、明らかにした。

Qフィルム側は日本、台湾などアジアで『大長今』による韓流人気から国内アダルトコンテンツにも関心が高まり、韓国だけの固有の特色を盛り込んだ古典史劇を企画したと付け加えた。

もちろんこれまでAV映画は人気映画またはドラマを多くパロディー化してきた。しかし『大長今』は最高視聴率50%を超すなど「国民ドラマ」にまでなったドラマである上、史劇の韓流を作った作品という意味が特別だ。これをパロディー化して日本に輸出した場合日本で『大長今』の質を格下げさせる余地が高い。

また史劇であり、韓国の伝統的背景がパロディ化されることだけでも日本で韓国の伝統文化を見下すことになるのではないかと憂慮されている。


スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。