TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海猿」がハリウッドでリメークへ…NY特別上映で絶賛

公開中の映画「LIMIT OF LOVE 海猿」(羽住英一郎監督)のハリウッドリメーク版の製作プランが進行中であることが2日、分かった。

現在、観客動員数500万人・興収65億円を突破し、今年の邦画のトップを独走中の同作は、ニューヨークで開催されていた「NY アジアン フィルム フェスティバル2006」の特別招待作品として先月29日に上映された。

映画を観た招待客のひとり、“米国版”の海上保安庁ともいえるユナイテッド・ステーツ・コースト・ガード(USCG)のNY管区キャプテン、ロバート・オブライアン氏が「グレートな作品! 期待以上だった」と絶賛。「もし、リメークされるのなら全面協力したい」と約束した。

「海猿」は第1弾が2年前に同映画祭で上映されたほか、ドラマも放送されており、配給元の東宝によると、すでにハリウッドの大手メジャー会社数社からリメークのオファーを受けている。

日本の海上保安庁が全面協力した同作は、映像、音楽とも質の高さが評価されており、主人公の潜水士(伊藤英明)が活躍する物語も米国でウケそう。製作のフジテレビ、臼井裕詞プロデューサーは「簡単にお返事できることではありませんので、慎重に検討していきたい」と話している。


スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画 |
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。