TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゲゲゲの鬼太郎」ヒロインに井上真央、妖怪との禁断の恋演じる

女優の井上真央(19)が、来年4月公開の実写映画「ゲゲゲの鬼太郎」(本木克英監督)でヒロインを務めることが23日、分かった。映画オリジナルのキャラクターとなる人間の女の子役で、ウエンツ瑛士(20)扮する鬼太郎と淡い恋物語を展開する。また、日本で大ヒットした香港映画「少林サッカー」などで知られる香港の大手CG製作会社が、同作のCGを担当することも決定した。

 井上が演じるのは、妖怪に襲われているところを鬼太郎に救ってもらう人間の女子高生・実花。鬼太郎と次第に惹かれ合っていくという設定で、物語では人間と妖怪の“禁断の恋”も展開される。アニメ版第3シリーズ(昭和60~63年、フジテレビ系)に登場した鬼太郎の人間のガールフレンド・夢子ちゃんとは違う、映画オリジナルのキャラクターだ。

配給の松竹によると、同作では目玉おやじをはじめフルCGの妖怪たちと絡むシーンが数多く登場するため、キャスティングで大きなポイントとなったのが、「見えない存在」を「見えているかのように」表現できる演技力。そこで白羽の矢を立てたのが、TBS系ドラマ「キッズ・ウォー」などで子役時代から活躍し、豊かな演技経験と想像力を誇る井上だった。

4月公開の映画「チェケラッチョ!!」に続いて2作目の映画出演となる井上は「妖怪に扮装できないのは少し残念ですが、(原作の)水木しげるさんの描く世界に入り込めることはとても光栄」と大喜び。このほど行われた目玉おやじとの会話シーンでは戸惑いながらも一発OK。現在、京都市内の撮影所で順調に撮影をこなしている。

そして、このウエンツ、井上たちを強力バックアップするため、「少林サッカー」や「カンフーハッスル」、米映画「キル・ビル」などのCGを手掛けた香港の大手CG製作会社「セントロ・デジタル・ピクチャーズ」が、同作のCGを担当することが決定。妖怪の絵コンテなどは日本側が手掛けるが、リモコンゲタやちゃんちゃんこなど、鬼太郎のおなじみの特殊技能は「セントロ-」社が担当する。

架空の物語をリアルに見せる上で最も重要なのがCG。世界を驚かせた迫力満点のCGで、今度は鬼太郎の“ありえねぇ~”技が炸裂しそうだ。

★世界公開も視野
「ゲゲゲの鬼太郎」の実写映画版は、原作を元にしたオリジナルストーリー。女子高生の実花(井上)と弟は、魔力を秘めた「妖怪石」を偶然手にしたため、妖怪たちに襲われる。鬼太郎(ウエンツ)は2人を救おうとしたが、そのため妖怪の裏切り者として妖怪裁判にかけられてしまう-。

昨今、アニメ映画「千と千尋の神隠し」や「妖怪大戦争」などで海外でも“妖怪”に対する注目度がアップ。松竹では、「セントロ-」社がCG製作に加わったこともあり、全世界30カ国以上での世界公開を視野に入れている。

 


スポンサーサイト

テーマ : 漫画実写化
ジャンル : 映画

映画 |
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。