TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25年ぶりのカ・イ・カ・ン!長澤まさみで甦る「セーラー服と機関銃」

女優、長澤まさみ(19)が10月スタートのTBS系「セーラー服と機関銃」(放送枠未定)で、連続ドラマ初主演することが21日、同局から発表された。薬師丸ひろ子(42)主演で昭和56年に公開され、大ヒットした同名映画(赤川次郎氏原作)のリメーク版。ヤクザの組長になる女子高生・星泉を演じる長澤は、「ビシッと決まるように演じたい!」と気合を入れている。

あの名作映画「セーラー服と機関銃」が25年ぶりに帰ってくる!!

同作品は200万部を突破した作家、赤川次郎氏の同名小説(角川書店)が原作。ごく普通の女子高生である星泉が、父の事故死をきっかけに解散寸前のヤクザ・目高組の組長になってしまい、ヤクザの世界を通して泉が成長していく姿を描いた青春物語だ。

昭和56年に薬師丸主演で映画化(相米慎二監督)され、女子高生がヤクザの組長になるという奇抜な設定で大ヒット。日本アカデミー賞話題賞を受賞するなど一世を風靡した。翌57年には原田知世(38)主演で連続ドラマ化(フジテレビ系)されるなど、社会現象となった名作だ。

そして今回、21世紀版「セーラー服と機関銃」の主演を、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」(同16年)や「タッチ」(同17年)などで人気急上昇中の長澤が演じることになった。TBSの石丸彰彦プロデューサーは「長澤さんは連ドラ初主演ということで、25年前の名作に今こそチャレンジさせてみようと考えた」と起用理由を説明。同じく伊與田英徳プロデューサー(企画担当)も「『セーラー服と機関銃』といえば長澤まさみ、といわれる作品にしたい」と自信をみせる。

内容も現代風にアレンジし、ドジできまじめな女子高生の成長過程を描くという。25年ぶりの復活に、原作者の赤川氏は「さわやかな個性の長澤まさみ君が、21世紀にふさわしい星泉を作り出してくれる」と期待を寄せている。

長澤は今作が連ドラ初主演。「初めてのことなので不安もありますが、自分なりの星泉が演じられたら。(同作の)イメージは力強いって感じですかね。何事にも立ち向かっていく姿は見ていて気持ちいいですよね」と語り、「コメディーはやってみたかったジャンルなので、楽しく、ビシッと決めるところは決めるように演じたい!」と早くも撮影が待ちきれない様子だ。

映画版ではクライマックスで薬師丸が機関銃をぶっ放し、「カ・イ・カ・ン」とつぶやくシーンがあまりにも有名だが、長澤の21世紀版の結末は果たして…。7月上旬クランクイン。

★共演陣に緒形拳ら
共演陣には実力派俳優がズラリ。目高組の若頭・佐久間真(映画版では渡瀬恒彦)を演じる堤真一(41)は、「原作に強い力のある作品なので、それに負けないように演じたい」と意欲満々。暴力団撲滅に執念を燃やす国会議員、三大寺一役(同、三國連太郎)で特別出演する緒形拳(68)も「タイトルが良い! 楽しみながらやれそうです」。共演はほかに中尾明慶(17)ら。

 


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。