TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKIO・城島がNHK朝ドラに!演じるは“昭和のお父さん”

TOKIOの城島茂(35)が、次期NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」(10月2日スタート、月~土曜前8・15)に出演することになり26日、大阪・中央区の同局で会見した。TOKIOのメンバーでは初のNHK朝ドラ出演となり、リーダーの面目躍如。「親も喜ぶだろうし、今からワクワクしています」と胸を躍らせていた。

パリっとした背広に、七三分けの昔懐かしい髪形で会見に登場した城島は、“昭和のお父さん”そのもの。

「芋たこなんきん」は作家・田辺聖子さん(78)の半生を基に、戦前と戦後の大阪でたくましく生きた家族を描くホームドラマ。城島はヒロイン町子(藤山直美)の実家「花岡写真館」を営み、小説家になる夢を持つ娘・町子(少女時代)を応援する父親役だ。

現在は、上京しグループ名も「TOKIO」だが、城島は生まれてから15年間、奈良県、京都府、大阪府で過ごした生粋の関西人。今でも“使用言語”は関西弁だ。

これまで、標準語のドラマでは「言葉に意識を取られて芝居に集中できなかった」といい、今回は思う存分関西弁を使えるという願ってもない配役となった。

起用したNHKの一井久司チーフプロデューサーは、「関西弁で自然な演技ができる人。それにTOKIOのリーダーとして人をまとめていけるので、現場でも核となってくれると思っています」と期待している。

バラエティー番組などで見せるソフトな関西弁の語り口は、優しい父親像にピッタリ。独身ながら初の父親役を演じることについて「いっぺんにおばあちゃんや娘ができて不思議な感覚。良き父でいられたら」と好演を誓った。

一方、TOKIOのメンバーでは、城島が初の朝ドラ出演。メンバーたちから「リーダーが、ドラマかよ~」とからかわれたというが、“リーダー”の面目躍如となった。この日は、町子の曾祖母役でベテラン女優の淡島千景(82)が出演することも発表された。

スポンサーサイト

テーマ : ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/711-b65fa3f6


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。