TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田有紀が7月開始のドラマで離婚後初&4年ぶり女優復帰!

昨年12月に俳優、吉岡秀隆(35)と電撃離婚した女優、内田有紀(30)が7月2日にスタートするTBS系ドラマ「誰よりもママを愛す」(日曜後9・0)で女優復帰することになり25日、同局から発表された。内田は平成14年12月、吉岡との結婚を機に女優活動を休業しており、ドラマ出演は同年に吉岡と共演したフジテレビ系「北の国から2002遺言」以来。離婚後は初めてとなる。

同作は、主演の田村正和(62)が世界一愛妻家の専業主夫を演じるホームドラマ。内田は一見清楚で優しそうだが、実は喜怒哀楽の激しい長女・嘉門雪役。約4年ぶりの女優復帰に内田は「自分も楽しんで演じたいと思っています。役名も自分と同じ“ユキ”なので、このキャラクターを愛してもらえるように頑張りたい」と気合十分。

ドラマは、田村演じるパパを中心に弁護士のママ(伊藤蘭)、長男(玉山鉄二)、末っ子(長島弘宜)、さらに正体不明の隣の女(小林聡美)が登場するなど家族愛あふれた物語になりそうだ。

内田は「脚本を読み、パパとママがとてもいい夫婦だな、と思いました。本当に素敵。(初共演の)田村さんにはキャラクターの強い役をどのように作って演じていらっしゃるのかなど、色々なことをお聞きしたいと思っています」と、久々の撮影現場を今から待ち焦がれている。

★“七変化の達人”田村正和!今回は専業主夫
学校の先生、ニュースキャスター、頑固オヤジの医者、そば屋の主人…。数々の職業を演じてきた田村だが、今回演じるのは“専業主夫”。それもママ以外は眼中にない超愛妻家という設定だ。八木康夫プロデューサーは「女性には自分の夫もこんな感じだったらと、男性は、ほんの少し奥さんに優しい言葉をかけるだけで家庭内がこんなに変わるんだなあ…など、身近な人のことを思いながらご覧いただければ」。主題歌は福耳「惑星タイマー」(7月12日発売)。

スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/709-e989f773


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。