TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「西遊記」映画化決定!香取悟空にカンヌもくぎ付け

香取悟空、カンヌに見参! SMAPの香取慎吾(29)が19日、カンヌで行われた主演映画「劇場版 西遊記」(澤田鎌作監督、来夏公開予定)の製作発表に出席、世界に同作を猛烈アピールした。孫悟空の格好で街を練り歩く香取に、カンヌの人々はビックリ仰天。初めてカンヌを訪れた香取は、「いつかレッドカーペットを-」と野望を燃やしていた。

誰だあれは? 第59回カンヌ国際映画祭でにぎわうカンヌの街が、突如現れた1匹の“猿”にくぎ付けになった。

孫悟空の格好でメーンストリートやビーチを歩く香取を不思議そうに見ていた人々は、西遊記の孫悟空と説明され、「OH~!」と納得してカメラをパシャパシャ。仏では漫画「ドラゴンボール」が大人気で、孫悟空=ドラゴンボールの図式が強いが、堺正章版のドラマ「西遊記」(昭和53年10月~翌年4月、日テレ系)が現地で放送されたこともあり知名度はなかなかのもの。カンヌの人々の好意的な反応に香取は「すげー楽しい。温かい感じで、人々の笑顔も美しくすばらしい街」と大喜びだ。

香取が主演したフジテレビ系「西遊記」は、今年1月から放送され、平均23・2%の高視聴率を記録。その人気を受けて初の映画版として製作される「劇場版 西遊記」では、ドラマで残された最後の謎が明かされ、最大の強敵が登場する予定だ。映画化にあたり、香取は「アクションをやりたい。連ドラではまったく納得いってないので、もっとできるところを見せたい」と意欲満々。

カンヌといえば、2年前にSMAPの木村拓哉(33)がコンペ部門出品の香港映画「2046」(ウォン・カーウァイ監督)でレッドカーペットを闊歩したが、キムタクから出発前日に「おもいっきりエンジョイしてこい」というメールを受け取ったという。

香取は「(現地ニュース番組で)木村君が歩いているのを朝方、ビールを飲みながら見たんですけど、『すげえな、いつかは自分も歩いてみたいな』と思っていた」と、ライバル心をメラメラ燃やしていた。製作総指揮の亀山千広・同局映画事業局長も「来年はこの格好でカーペットを歩かせたい。出品するつもりです」と高らかに宣言した。

来年は正式な出品作としてカンヌを目指す-。香取はそう密かに誓っているようだった。


★声優オファーも
19日夜に行われた製作発表には、仏や香港など海外メディア約50人をはじめ米映画「レオン」などで知られる仏映画界の巨匠、リュック・ベッソン監督、さらに「グリーン・デスティニー」のビル・コンプロデューサーら各界の著名人が多数出席。ベッソン監督と香取には共通の知人がいるというが、今回が初対面。すぐに打ち解け、同監督が製作中のアニメ「アーサー」の主人公に香取がピッタリだとして、「ぜひ(日本語吹き替え版の)声優をやってほしい」とオファーする場面も。フジは「劇場版 西遊記」をはじめ一連のカンヌでの宣伝のため総費用1億円をつぎ込んでいるという。

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/700-b08014bc


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。