TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タイヨウのうた」映画に続いてドラマ化決定…沢尻・山田初共演

俳優、山田孝之(22)と女優、沢尻エリカ(20)が7月スタートのTBS系ドラマ「タイヨウのうた」(金曜後10・0)で初共演することが12日、分かった。同作はYUI(19)、塚本高史(23)出演で6月17日に公開される同名映画(小泉徳宏監督)のドラマ版。太陽の光を浴びることができない難病を抱える少女と彼女を支える少年を描いた青春物語で、純愛ドラマの歴史に新たな伝説を刻む。

「世界の中心で、愛をさけぶ」(平成16年7月期)「いま、会いにゆきます」(同17年7月期)に続く“純愛三部作”の完結篇が登場する。

同作は太陽の光に当たることができない色素性乾皮症(XP)という難病を抱えながら歌手を目指しているストリートミュージシャン(沢尻)と、彼女と出会うことで変わっていく少年(山田)を描いた青春物語。

昨秋、YUIの初主演デビュー作として映画化が決まった際、台本を読んだ同局側がドラマ化を決定。「主演の山田さんは圧倒的に芝居が上手。映画では歌手のYUIさんなので、ヒロインは女優さんでと考えると沢尻さんがナンバーワンだった」(同局の津留正明プロデューサー)と2人の起用が決まった。

同じ難病モノの「世界の-」で日本中を泣かせた山田は「1年間で最も苦手な暑さとの闘いの7月クールです(笑)。同年代も大勢いるし、青春群像劇なので、とにかくノリと勢いでみんなで楽しくがんばろうと思います」とやる気満々だ。

ストリートミュージシャン役ということで、歌うシーンにも注目が集まる沢尻も「今回のドラマでは誰しもが持っている“夢”を表現できればと思います。夏のクールのドラマなので共演、スタッフの方々と現場を楽しみたいです」と撮影が待ちきれない様子だ。

関係者によると、「世界の-」で映画公開とドラマ放送が重なったことはあったが、今回のような“同時公開”のケースは異例。ドラマ版では、映画版で描かれなかった少年の親友らとの青春群像や少年の初恋の相手(松下奈緒)なども描かれ、映画版とドラマ版の相乗効果に期待を寄せている。今年の夏は映画もドラマも「タイヨウのうた」から目が離せない!!


■「タイヨウのうた」
藤代孝治(山田)は孤児院出身で現在無職。高校時代の親友らに誘われ、海辺の民宿でアルバイトをすることに。そんな日々の中、色素性乾皮症(XP)という難病を抱えながら前向きに生きる歌手志望のストリートミュージシャン、雨音薫(沢尻)と出会い、人生が変わっていく。孝治は薫をステージに立たせるため、一度は忘れていた音楽を再びやることを決意。薫は孝治と生まれて初めて、そして最後の恋に落ちる…。

山田孝之苦手な私としては複雑~~

スポンサーサイト

テーマ : 放送前ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/689-d1f946cd


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。