TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三谷監督が老人に?「有頂天ー」DVDで40年後の自分役

三谷監督が老人に?

興行収入60億円で現在今年の邦画NO.1ヒットを記録中の映画「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督(44)が、8月11日に発売される同DVDの特典映像に、40年後の自分役で出演していることが11日、分かった。

フジテレビの高島彩アナウンサー(27)扮する新人アナが、映画スタジオの守衛になった40年後の三谷監督を取材するという設定だ。準備期間約1カ月というプロの特殊メークで80歳半ばの老人に変身した三谷監督が、妙に要領の悪い守衛役を熱演する姿は爆笑もので、取材中も「この40年間? ……。気を失ってました…」「撮影中に風邪ひいたとき、松たか子が肩をもんでくれて…熱があがった。松のせいだ」などと、面白おかしく“当時”を振り返っている。

撮影を終えた三谷監督は、「こういう企画は初めてなんで、緊張しました」と言いながらも、充実した笑顔。「実際の40年後? きっと同じような仕事をしていますね。生涯コメディーを撮り続けたい」と、生涯喜劇人生を宣言していた。

一方、「有頂天-」にワンシーンだけ登場している縁から、出演した高島アナは「楽しんでやらせていただきました」と満足そう。自身の40年後には「幸せな主婦になって、子供も3人くらいいると思う。自分の子供が(後を継いで)アナウンサーになってくれたらうれしいですね」と話していた。

スポンサーサイト

テーマ : DVD情報
ジャンル : 映画

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/687-14a95d3d


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。