FC2ブログ



TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2019/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

東野圭吾氏「手紙」を映画化…「白夜行」に続き主演に山田孝之

直木賞作家、東野圭吾さんの小説「手紙」が映画化されることが25日、分かった。殺人を犯して服役中の兄と、兄のため周囲から差別を受ける弟の兄弟愛を軸にした物語で、主要キャストには山田孝之(22)玉山鉄二(26)、沢尻エリカ(20)の若手実力派を抜擢。TBS系「ビューティフルライフ」など数々の若者向けドラマを手掛けてきた生野慈朗監督が約16年ぶりにメガホンを執る。来年公開。

「手紙」は、平成13年7月から14年10月まで毎日新聞の日曜版に連載された東野圭吾さんの人気小説。服役中の兄と、その弟との手紙のやり取りを軸に、犯罪を加害者の家族の視点から描いた作品で、ミステリー作家として知られる東野作品の中では、珍しく社会問題に深く切りこんだ物語だ。

配給元のGAGAによると、映像化は数年前から考えていたといい「ネット時代だからこそ、手紙でしか伝わらない魂の入った言葉というものを伝えたかった」と企画意図を説明。兄の犯した罪に苦しみながらも差別や偏見を乗り越えていく主人公役を誰にするかが決め手だったが、映画「ドラゴンヘッド」で悪役に挑戦した山田の演技などを見て、イメージがピッタリと即決した。

また、もう1人のメーンとなる兄役には、山田にルックスが比較的似ている点や、映画「逆境ナイン」でのコミカルな役などで演技の幅を広げた玉山を抜擢。2人を陰で支えるヒロインには、映画「パッチギ!」で存在感を見せた沢尻を起用した。

3人は初顔合わせで、このほど都内でクランクイン。1月クールのTBS系ドラマ「白夜行」に続いて東野作品に主演する山田は「とても丁寧にじっくり撮影が進んでいて、本当に映画を作っていると実感してます」と、昨年大ヒットした映画「電車男」に続く主演を楽しんでいる様子。劇中、漫才に初挑戦するが、「ちょっと不安ですが、最後まで撮影を楽しみたい」とノリノリで、この漫才シーンも大きな見どころとなりそうだ。

玉山も「今うすくなってきた親子・兄弟・友人などの絆をテーマに、心で演じたい」と気合十分。沢尻は「今回初めて10代から母親までの役を演じるので楽しみですが、不安もあります。体当たりで挑戦したい」と意気込みを見せている。


★生野監督16年ぶりメガホン
生野監督は、木村拓哉&常盤貴子主演で平均視聴率32.3%を記録したドラマ「ビューティフルライフ」や「男女7人夏物語」「3年B組金八先生」「オレンジデイズ」などの話題作を手掛け、映画は平成2年公開の明石家さんま、松田聖子主演の「どっちもどっち」以来16年ぶり。

原作者の東野さんは「映像化のプロたちがこの小説をベースにどんな力業を見せてくれるのか、楽しみです」と期待を寄せている。

スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/665-75d688d9


ブログ内検索
RSSフィード
リンク