TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スケバン刑事」あややVsテロリスト窪塚俊介…今秋公開

俳優、窪塚俊介(24)が、歌手、松浦亜弥(19)の初主演映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」(深作健太監督、今秋公開)で極悪テロリストを演じることが12日、分かった。

俊介演じるのは、ネットで学園の生徒を洗脳し、次々と爆弾テロを起こさせる悪の親玉、騎村時郎役。普段は学園の清掃員として寡黙な姿を見せつつも、実は異常なテロリストという2面性を持つ難しい役どころだ。

同映画の東映ビデオ、國松達也プロデューサーは、一昨年に俊介の初主演映画「火火」(高橋伴明監督)の撮影現場を訪れた際、俊介の新人ながらも堂々と演技する姿にほれ込んで以前から一緒に仕事をする機会をうかがっていたといい、「俊介のような誠実で素直な正統派が、異常な悪役を演じるのは面白いと思った」と起用理由を説明。

昨年、同作の企画が進み始めた際にすぐさま依頼し、俊介も「今までにない役で違う自分が出せる」と快諾したという。

映画ではより異常に見せるため、深作監督の指示で初めて金髪頭とカラーコンタクトに挑戦。ラストの戦闘シーンでは、サキのヨーヨーに対し、俊介はナント時限爆弾と日本刀で対抗、サキを窮地に追い込んでいく。

このほど撮影を終えた俊介は「最後の戦いはケガしないことを第1に、一生懸命演じて楽しんだ。女の子を相手にしている感覚は全くなかった」と本気モード全開。「見どころは騎村が死ぬ前の5秒間。そこが本当の騎村の姿だと思うから。楽しみにしててください」とPRした。



★俊介、話題作多数出演

俊介は慶大理工学部在学中の平成16年、TBS系ドラマ「ビー・バップ・ハイスクール」で、主役のツッパリを演じ俳優デビュー。同17年の、映画デビュー作「火火」(高橋伴明監督)では主役の白血病に侵される息子役、初舞台「歩兵の本領」(演出・杉田成道)では主役の自衛隊員を好演し一気に花開いた。他にも映画「まだまだあぶない刑事」(鳥井邦男監督、昨年10月公開)、「最終兵器彼女」(須賀大観監督、1月公開)と多くの話題作に出演、今後が期待される俳優の一人。兄は俳優、窪塚洋介(26)。

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/630-05c4f3a3


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。