TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ビョンホン デビュー以来初“20代から60代までの演技”

興行性と演技力を兼ね備えた韓流スターイ・ビョンホンが、『甘い人生』以後、『品行ゼロ』のチョ・グンシク監督の次回作である正統派ロマンス映画『夏物語』で、デビュー以来初めて、20代から60代までを演じる。

『バンジージャンプをする』以来、4年ぶりにロマンス映画で帰ってくるイ・ビョンホンは、端麗な美貌の持ち主であるスエと息を合わせ、胸がはり裂けそうな初恋を演じる。

『夏物語』は、胸の中にしまっておいた切ない初恋を探し始める1人の男の話を素材にした純ロマンスで、過去と現在を行き来しながら繰り広げられる2人の男女の切ないラブストーリーを描く。イ・ビョンホンは『甘い人生』以来、110件余りを越えるシナリオに目を通し、その中から、しっかりとしたストーリーと暖かい情緒に惚れ込んで、『夏物語』の出演を悩むことなく選んだという。

『バンジージャンプをする』で、死んでも切り裂くことのできない運命的な恋をする男“イヌ”を演じたイ・ビョンホンは、この映画を通じて内面の悲しみを繊細に表現する“イ・ビョンホン式ロマンス”を披露し、演技力と興行性を兼ね備えた、国内でも数少ない男性俳優として認められている。イ・ビョンホンは『夏物語』を通じて再び“イ・ビョンホン式”ラブストーリーで観客たちと出会う予定だ。

イ・ビョンホンは学生時代、農村奉仕活動で出逢った“ジョンイン”を胸の中から消すことができずに、一生心に置きとめて過ごす“ユン・ソギョン”役で、生き生きとした大学生の役から老教授まで、20代から60代までの幅広い演技を見せる。

演技力を兼ね備えたスター級俳優イ・ビョンホンとスエ、2人の俳優の演技に対する期待と実力ある監督が力を合わせ、より一層映画に対する期待感を呼び起こしている『夏物語』は、来たる4月末にクランクインし、今年の下半期に観客と出会う予定だ。

スポンサーサイト

テーマ : イ・ビョンホン
ジャンル : アイドル・芸能

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/623-9ae25fd3


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。