TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ『美しい日々』チームの近況は?

[イノライフ=キム・ジョンス記者] “ビョン様”イ・ビョンホン、“ジウ姫”チェ・ジウ、 “韓流のプリンス”リュ・シウォンには共通点がある。彼らの別称だけ見ても、大部分の人々は日本の代表的な韓流スターであると思うであろう。また他の共通点を探してみよう。

まず一番目はユン・ソクホ監督が演出したドラマに出演して、トップスターの座に踊り出たということである。イ・ビョンホンは 1993年『明日は愛』、リュ・シウォンは1997年『プロポーズ』、そしてチェ・ジウは『冬のソナタ』で、ユン・ソクホ監督と一緒に作業し、トップスターになった。二番目は『美しい日々』で結ばれた縁という点である。2001年 SBSで放映された『美しい日々』は、出生の秘密を持ったリュ・シウォンとイ・ビョンホンが、孤児でCDショップの店員チェ・ジウを巡って三角関係を構成、人気を博したドラマ。このドラマが日本で放送されて、彼らは日本での人気を確かなものにした。

ドラマ『冬のソナタ』で、日本内で爆発的な人気を集めたチェ・ジウは、『冬のソナタ』以後『美しい日々』と『天国の階段』が日本で相次いでヒット、今年は日本ドラマ『輪舞曲-ロンド』のヒロイン役を務めた。また現在、韓日同時公開される映画『連理の枝』で、久しぶりに映画に出演、活発な活動を進行中である。

日本で放送された『美しい日々』で韓流スターになったリュ・シウォンは、チェ・ジウと違い日本では役者より歌手としての活動が活発である。彼は今年6月から東京を皮切りに7カ都市を巡回、総12回の公演を行って、6万人の日本ファンを動員する。また先月30日には、文化観光省から韓国観光広報大使に委嘱され、日本を始めとする各諸国に、韓国を伝える活動を行う。また韓日両国間の交流の活性化にも努力する予定。

またイ・ビョンホンは、リュ・シウォンやチェ・ジウとは違い、日本で公式的な活動は行わず、韓国で出演したドラマと映画が、日本で公開されている。日本でペ・ヨンジュンと並ぶほどの人気を誇る彼は、5月3日、韓国人で初めて東京ドームで大規模ファンミーティング「イ・ビョンホン in TOKYO DOME」を開催する予定。

このように多少の違いははあるが、彼らが日本に韓流ブームを巻き起こした張本人ということに、違いはないであろう。日本人が、彼らを通じて韓国に関心を持つようになり、韓国の文化と生活にも目を向けるようになった。このように彼らは、韓日両国の文化を理解するきっかけを作る、中枢的な役割を立派に遂行している。しかしこれで満足せずに、日本人が韓流を流行ではなく、ジャンルとして受け止めていくことができるように、努力していかなければならないであろう。

私の韓国ドラマブームの火付けは、間違いなくこの作品でございます
今でも1番好きです

スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/609-751d5cf8


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。