TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川染五郎「期待裏切るすごい舞台」…三谷氏初の歌舞伎作品

歌舞伎俳優、市川染五郎(33)が1日、東京・渋谷のPARCO劇場で、脚本家、三谷幸喜氏(44)初の歌舞伎作品「PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場」(作・演出三谷氏、同所で2-26日)の公開稽古を行った。

平成9年の同所の公演「バイ・マイセルフ」で三谷氏と出会った染五郎が、歌舞伎の書き下ろしを依頼。三谷氏が中山安兵衛(後の堀部安兵衛)の“高田馬場の決闘”をテーマにして8年越しで実現させた。

稽古前に市川亀治郎(30)、中村勘太郎(24)とともに会見した染五郎は、三谷作品に「期待を裏切るぐらいすごい舞台になりました」と絶賛。これとは別に中村勘三郎(50)は渋谷のシアターコクーンで12年前から「コクーン歌舞伎」を上演、今月18日から第7弾「東海道四谷怪談」を上演するが、二男の勘太郎は「コクーン歌舞伎より、間違いなくこちらが面白い」と父親にライバル心をむき出しにしていた。

スポンサーサイト

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/534-39f61e7d


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。