TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「けものみち」は女優道…米倉、震えてスゴ濡れ場!

女優、米倉涼子(29)が主演するテレビ朝日系「松本清張 けものみち」(12日スタート、木曜後9・0)の制作発表が10日、都内で行われた。3億円を超える豪華ジュエリーを身につけて現れた米倉は、毎話のように登場する濡れ場シーンに「覚悟を決めてやるだけ。楽しい番組をお約束します」と不敵な笑み。一昨年に放送された同じ清張作品の同局系主演ドラマ「黒革の手帖」でハマり役となった悪女を、再び体当たりで演じる。

会見の始まる前から、ひな壇の両端には2人の警備員が仁王立ちし、ものものしい雰囲気が漂う。その中央に、主役の米倉が堂々と現れた。

両肩を露出したセクシーなドレス。胸元には素肌の上から73カラットのサファイアが光り輝く。このサファイアのネックレス、なんと少なく見積もっても3億円。さらに、指輪とイヤリングも含めると3億5000万円はくだらないという。

「走って逃げたいぐらい」とジョークも飛び出した米倉だが、この豪華ジュエリーこそが悪女の象徴でもある。米倉扮する成沢民子がジュエリーデザイナーの夢を叶えるため、夫を焼き殺し、自分の身体さえも愛人に投げ出す…そんなドラマのところどころで豪華ジュエリーが登場するためだ。

もうひとつの象徴が、民子の濡れ場シーン。共演の佐藤浩市(45)が会見中、思わず「インモラルすぎて、9時台にやっていいの?」と漏らしたほど、毎話のように登場する最大の見せ場だ。

米倉はオファーを受けた際、24年前に名取裕子(48)がNHKドラマで演じた「けものみち」をDVDで見て、「とても衝撃的でした。動揺してしまい、プロデューサーに電話してしまった」という。ただ、すぐに考え方を切り替えて、「覚悟を決めてやるだけやる」と決断した。米倉は「名取さんと張り合おうとは思っていませんが、素敵なキャストの方々ばかりですし、楽しい番組をお約束できるはず」と自信満々に言い切った。

24年前の名取・民子は、お堅いNHKで制作したとは思えないような濃厚な濡れ場が話題となり、名取は“のけぞり裕子”の異名をとったほど。米倉・民子も、すでに平幹二朗(72)との激しい濡れ場を収録(第1話)し、悶絶シーンの表情はアダルトビデオも真っ青なリアル感がにじみ出ていた。

名取の“のけぞり裕子”に対し、平成版けものみちで米倉はどんな異名をとるのか。

★主題歌は中島みゆき
主題歌はシンガー・ソングライター、中島みゆき(53)の新曲「帰れない者たちへ」(2月1日発売)。中島は会見には出席しなかったが、肉声で「驚きつつも、ワクワクしています。原作のパワー、ドラマのパワー、米倉さんのハッスルに負けないようにしたいです」とのコメントを寄せ、「私も『夜会』という舞台を今やっています。米倉さんも来てね」とちゃっかりPRし、会場の爆笑を誘っていた。

スポンサーサイト

テーマ : 放送前ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/389-ac2f812a


衝撃!米倉涼子けものみち濡れ場、濡れ濡れ&フルヌード画像+動画
木9新ドラマ「けものみち」で再びハマリ役の悪女を演じる米倉涼子(よねくらりょうこ)チャン!けものみち濡れ場、最高だ!見てぇぇぇぇーーーーー!「黒革の手帖」もえがった

けものみち}『けものみち』は、松本清張の長編小説。「週刊新潮」1962年1月8日号から1963年12月30日号まで連載され、翌年に新潮社から刊行された。「清張ブーム」の真っ只中で書かれた社会派作品。黒幕の裏工作を恐れる官僚たちや、その権力やマスコミの右翼暴力組織の癒着
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。