TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユースケ友情出演、「ぷっ」すま名コンビ

草なぎ剛(31)広末涼子(25)主演のテレビ朝日の特別ドラマ「愛と死をみつめて」(来春放送)に、ユースケ・サンタマリア(34)と小雪(28)が友情出演することが13日、分かった。同局バラエティー「『ぷっ』すま」で草なぎとコンビを組むユースケは、得意の笑い封印したシリアス演技で、難病と闘うヒロインの主治医を演じる。小雪は60年代に映画化された際に紹介されなかった秘話のカギを握る、重要な役柄を演じる。

ドラマは、60年代に一大ブームを巻き起こした作品の42年ぶりのリメーク。主演の草なぎとユースケは、今年放送300回を超えた同局の「『ぷっ』すま」(火曜午後11時15分)で「ナギスケ」の愛称でコンビを組み進行役を務めている。難病と闘う女性を、最期まで支え続けた草なぎ演じる主人公を「まっすぐに演じたい」と意気込む相方のためにユースケが一肌脱いだ。

 「『ぷっ』すま」では、まったりとした笑いを誘う2人だが、今回のドラマでは一切それが許されない。ユースケは広末演じるヒロインに難病の軟骨肉腫を宣告した上、左目を取り去るなど大手術を行う。限りある命の大切さをヒロインに説きながらも、救うことができない自分の無力感に涙する。シリアスで情感あふれる演技について「みなさんが見たこともない自分を見ていただけるように頑張ります」とみけんにしわを寄せコメントしている。

 「愛と死をみつめて」は63年に出版されたベストセラー。実在の恋人同士の書簡集で、不治の病に侵された女性を支え続けた男性の純愛物語。浜田光夫と吉永小百合のコンビで64年に映画化され、日本中に純愛ブームを巻き起こした。41年ぶりの映像化は草なぎ・広末コンビだけでなく、笑わないナギスケにも注目だ。

スポンサーサイト

テーマ : SMAP
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/331-c77ce32a


ナギスケドラマで共演!!
風の便り | 2005.12.14
ユースケ友情出演、「ぷっ」すま名コンビキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ぷっすまファンみんなの望みだった(?)ナギスケがついにドラマで共演です{/ee_2/}それだけでもうれすぃ~のに、な、なんと、ユースケさんは医者{/ee_1/}長年待ち望んだ医者役です。うれすぃ~~{/3h
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。