FC2ブログ



TVドラマや映画、俳優について☆その他いろいろ

Prev  «  [ 2019/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
新作DVD
プロフィール

おっこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

イ・ビョンホン日本公式ファンクラブ 会員加入の問い合わせ殺到

韓流スターのイ・ビョンホンの日本公式ファンクラブが、11月1日から正式に会員募集を行い、活動を開始する。

2005年11月1日午後1時より、インターネットと郵便を通じた正式加入手続きを始めるイ・ビョンホンファンクラブは、現在、9月初めから仮登録サイト(http://www.byung-hun.com)を運営中で、11月の加入申請に先立ちすでに膨大な量のファンクラブ加入問い合わせ電話とEメールが殺到している状態だ。これに対しイ・ビョンホンファンクラブの運営を受け持つ<博報堂DY>は、手続き当日のサーバーダウンを防止するためにサーバーを増設するなど、当日の混乱防止のため最善の努力をしていると伝えた。

イ・ビョンホンファンクラブ<LeeByungHun Japan Official Fanclub>は、すでに昨年から1年余りをかけてファンクラブ発足の準備をしており、非会員とは差別化されたファンクラブ会員だけの特別な恩恵を与え、韓国よりももっと体系的で大きな規模を誇る日本内ファンクラブシステムの中でも、斬新なサービスを提供する予定だ。

これまでイ・ビョンホンは、韓国のファンクラブ<Rubeurs>以外に、海外では公式ファンクラブがなかった状態。これに日本ファンは清淡洞(チョンダムドン)に位置したイ・ビョンホンの所属社側に直接訪ねるなどの熱意を見せ、日本公式ファンクラブの開設を要求した。これに対し体系的なファンクラブの必要性を感じた所属社<ファントム>は、日本最大の広告代行社である<博報堂>の系列社<博報堂DY>と手を結び公式ファンクラブを発足することになった。

このように、ファンクラブ発足前からファンたちの積極的な活動がある日本ファンクラブに対し、イ・ビョンホンの所属社であるファントムは、今後、本格的な日本及び海外活動を行うイ・ビョンホンの、積極的なサポーターとしての大きな役割をするものと期待しているとコメントしている。

スポンサーサイト



テーマ : 韓流
ジャンル : アイドル・芸能

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://okkowps.blog2.fc2.com/tb.php/253-686132de


ブログ内検索
RSSフィード
リンク